Victory Road

アダルト動画

2017/06/03 (土)
2017年3回東京1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒3だった。連続開催ですので、まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、前の開催4週目は雨の影響で時計が掛かったが、その後はマイナス1秒4かマイナス1秒3で安定している。
 木曜に少し雨が降ったが、週末には影響は残らず、速い時計の出るコンディションだった。ペース次第では高速決着もあり得る馬場で、3・4コーナーの内側はかなり荒れて来たが、直線のインコースは案外悪くなくて、安田記念2着のロゴタイプのような好走例が多かった。もちろん外も伸びるので、馬場の内・外、脚質の有利・不利はスローペースでない限りは少なかった。今週までがCコース、後半2週はDコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、前の開催4週目・6週目は雨の影響が残って全ての開催日で変動となり、総じて時計が出やすく、5週目そして3回開催1週目である先週は、良馬場で水準かそれに近いレベルだった。
 先週は水準レベルで、日曜は2回開催初日からの12日間で初めてプラスの数値になったように、この連続開催では時計の掛かるレベルだった。砂埃が舞って、パサパサの印象が強くなった。上がりが掛かるのが特徴で、前へ行って粘り込むケースが多かった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/06/03 (土)  芝=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1400 ヴィオトポス    牝2 新馬 1:23.3 -0.5 ± +0.4 -0.9 96   D D
6R T1800 イタリアンホワイト    牝3 未勝利・牝 1:48.4 -0.3 -0.6 +0.3 -1.2 97   C C
9R T1600 サンクロワ    牡4 国分寺特500 1:34.6 -0.2 -0.8 ±0 -1.0 100   C C
10R T2000 ドレッドノータス    セ4 稲村ヶ崎1000 1:59.2 -0.9 -0.5 -0.1 -1.3 101   C B
12R T1400 ジェイラー    牝4 500万下 1:21.9 -0.3 -0.2 +0.4 -0.9 96   D D

2017-06-03 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 オリジナルデザイン    牝3 未勝利・牝 1:26.8 +0.8 ± +0.9 -0.1 91   E D
2R D1600 ポップアップスター    牡3 未勝利 1:38.5 -0.7 ± -0.6 -0.1 106   B D
3R D2100 ゲンパチマサムネ    牡3 未勝利 2:15.8 +2.1 ± +2.2 -0.1 78   E D
7R D1300 タマモシルクハット    牡4 500万下 1:18.8 +0.3 ± +0.4 -0.1 96   D C
8R D1600 ベバスカーン    牡4 500万下 1:37.9 -0.1 ± ±0 -0.1 100   C C
11R D1400 ベストマッチョ    牡4 麦秋S1600 1:23.5 ±0 ± +0.1 -0.1 99   C C

         

■ワンポイントアドバイス
3歳牝馬を優先的に狙う
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。