Victory Road

アダルト動画

2017/06/11 (日)
2017年3回阪神4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒7だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、初日がマイナス1秒6、その後は全てマイナス1秒7でかなり速い時計の出るコンディション。
 1週目にしても2週目にしても中間全く雨が降らなかったという訳ではないが、それでもかなり速い時計の出るレベル。ただし、11鞍中中団・後方の差し・追い込み馬が連対していないのは2鞍だけ。前へ行った馬がダメという訳ではないが、少なくとも高速馬場で開催前半だから前が有利という事はなかった。なお、今週から2週はBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がマイナス0秒4だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、開催日によって時計の出方は異なる。
 水曜の雨の影響が残って土曜日は終日稍重発表ではあったが、ここまで4日間では最も時計が掛かっていて、水準レベル。日曜は乾いて良馬場になったが、土曜と比べれば、時計は出やすくなっている。ダートは含水率が高くなるにつれ、脚抜きが良くなって、時計が出やすくなるというのが常識だが、時としてそれが当てはまらないケースもある。同じ稍重でも初日と3日目とでは、時計の出方が1800mで1秒異なる事。そして先週においては、稍重の土曜の方が良馬場の日曜よりも、時計が掛かっていた。これが注意点。それからトピックスでも挙がっていた、土曜1Rまた土曜2Rは前半のペースやメンバーも要因ではあるが、上がりがかなり掛かった。これは馬場も影響したと考えられる。土日を通じて、差し・追い込みの決まる展開だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/06/11 (日)  芝=-1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1200 アイアンクロー    牡2 新馬 1:10.3 -0.3 -0.2 +0.5 -1.0 95   D D
6R T1600 エイシンスレイマン    牡3 未勝利 1:34.7 -0.7 ± +0.7 -1.4 93   D D
8R T1400 オメガタックスマン    牡5 500万下 1:20.7 -1.3 ± -0.1 -1.2 101   C D
9R T2200 ノーブルマーズ    牡4 三田特H1000 2:11.4 -2.1 -0.3 -0.5 -1.9 105   B D
11R T2000 マキシマムドパリ    牝5 マーメイHG3 1:59.5 +0.7 -0.4 +2.0 -1.7 80   E D

2017-06-11 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ミキノタマテバコ    牝3 未勝利・牝 1:26.7 +0.8 ± +1.1 -0.3 89   E E
2R D1200 エイシンムー    牝3 未勝利 1:12.8 -0.3 ± ±0 -0.3 100   C E
3R D1800 インティ    牡3 未勝利 1:53.6 -0.7 -0.3 -0.6 -0.1 106 B D
7R D2000 メイプルブラザー    牡3 500万下 2:06.7 +0.2 ± +0.6 -0.4 94   D D
10R D1800 イーストオブザサン    牡4 加古川特1000 1:51.1 -1.2 ± -0.8 -0.4 108   B B
12R D1200 シンゼンスタチュー    セ4 500万下 1:12.0 -0.3 ± ±0 -0.3 100   C C

         

■ワンポイントアドバイス
阪神芝1800mの価値
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。