Victory Road

アダルト動画

2017/06/18 (日)
2017年1回函館2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス2秒6、日曜がマイナス2秒5だった。かなりの高速馬場だった。
 まず、函館芝の基準タイムを速めた事をお断りしておく。年明けのタイム分析ガイダンスでも上がっていたように、マイナスゾーンの大きな数値が目立つコースの基準タイムは、速めにすることにしていて、函館については2000mで1秒速めた。しかし、1秒速めても先週の馬場差はマイナス2秒台。つまり、昨年までの基準タイムで馬場差を算出すると、マイナス3秒を超える数値になっていたと思う。近年にも増して、開幕週は高速馬場だったという事になる。上位馬についてだが、開催初日は前めに位置していた馬が目に付いた。差し馬が全くダメという事ではないが、初日は後方から連対した馬はいませんし、好位の馬は含めて前めにつけて、内を立ち回った馬が勝って、外から差して2着というケースが多かった。しかし、日曜は土曜と違って差し馬の上位進出が目に付いた。函館は1回・2回開催ともに3週で行われ、2回開催1週目までこのままAコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜はマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒4だった。
 函館は木曜に雨が降って、金曜正午時点で稍重だった。土曜は良馬場になったが、パサパサに乾いた馬場ではなく、やや速めの時計が出るコンディションだった。日曜は土曜と比べて乾いて、水準方向に動いたが、大きな違いはなかった。次に連対馬についてだが、土曜は前めにつけた馬が多く、序盤は控えていたにしても、速めに上がって4コーナーでは先行馬を射程圏に入れていた馬が目に付いた。ただ、日曜は後方からの追い込みが3頭居て、トータルで偏りはなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/06/18 (日)  芝=-2.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 モンテヴェルデ    牡3 未勝利 1:09.0 -1.0 ± +0.5 -1.5 95   D D
5R T1200 ナンヨープランタン    牡2 新馬 1:09.8 -0.9 ± +0.6 -1.5 94   D C
6R T1800 ミエノインパルス    牡3 未勝利 1:48.9 -0.5 -0.3 +1.5 -2.3 85   E D
8R T1200 エリシェヴァ    牝4 500万下 1:07.5 -1.9 ± -0.4 -1.5 104   B D
9R T2000 エフティスパークル    牡4 500万下 1:59.5 -1.7 ± +0.8 -2.5 92   D D
11R T1200 ジューヌエコール    牝3 函館スプG3 1:06.8 -1.4 ± +0.1 -1.5 99   C C
12R T1800 クロコスミア    牝4 北斗特H1000 1:45.7 -2.1 ± +0.2 -2.3 98   C C

2017-06-18 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 メイズオブオナー    牝3 未勝利・牝 1:48.2 +0.6 ± +1.0 -0.4 90   E D
2R D1000 ラガーユミリン    牝3 未勝利 0:59.7 -0.2 ± ±0 -0.2 100   C D
4R D1700 デルマハワイコウロ    牡3 未勝利 1:48.4 +0.8 ± +1.2 -0.4 88   E D
7R D1700 ハヤブサナンデダロ    牡3 500万下 1:44.6 -1.8 ± -1.4 -0.4 114 A D
10R D1700 ショートストーリー    牡4 木古内特500 1:46.7 +0.3 ± +0.7 -0.4 93   D B

         

■ワンポイントアドバイス
苦戦した逃げ馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。