Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2017/06/18 (日)
2017年3回東京6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜はマイナス1秒4からマイナス1秒2へと変動した。まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、マイナス1秒4からマイナス1秒2の間で推移しており、大きな動きはない。
 先週は週前半に雨、また金曜夕方にも雨量計では計測されないレベルの雨が降ったが、その影響はなく、速い時計の出るコンディションだった。むしろ先週からDコースに変わった事で、先々週より時計は出やすくなった。ただ、日曜終盤に雨が降って、12Rだけはそれまでより少しだけ時計が掛かったので、2000m換算の馬場差でマイナス1秒2。Dコース使用1週目という事で、流石に4日目のように馬場の悪い内を避けて、馬群が外へ固まる事は無く、直線は横一線の追い比べが多くなった。インがダメという訳ではないが、馬場の中から外が理想的なコース選択だったように思う。外差しが決まったレースもあった。ただ、繰り返すが高速馬場。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜はマイナス0秒2からマイナス0秒4へと変動した。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、前の開催最終週は雨の影響で速い時計の出るコンディションだったが、この開催に入って水準かそれに近いレベルで推移している。
 水準に近いレベルの馬場差ではあるが、ダートについては先週土曜は雨の影響が残っていたのか、この開催前半2週よりはいくらか時計が出やすくなって、土曜はマイナス0秒3。日曜は若干乾いて、水準方向に動いたが、終盤に雨が降って11RのユニコーンSだけは、馬場差がマイナス 0秒4になった。この開催の前半2週はダートの24鞍で逃げ馬の連対は1頭だけだったが、先週は12鞍中4頭が連対した。逃げ馬が頑張ったという点は留意すべき点だと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/06/18 (日)  芝=-1.4 → -1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1800 ブラックギムレット    牡3 未勝利 1:47.1 -1.6 -0.3 -0.6 -1.3 106   B C
5R T1600 テンクウ    牡2 新馬 1:37.5 +0.7 -1.1 +0.7 -1.1 93   D C
6R T1400 ムスコローソ    牡2 新馬 1:23.7 -0.1 -0.6 +0.3 -1.0 97   D C
8R T2000 ブラックプラチナム    牡4 500万下 1:59.3 -1.5 -0.7 -0.8 -1.4 108 B C
10R T2400 ソールインパクト    牡5 芦ノ湖H1000 2:25.7 -0.5 -0.8 +0.4 -1.7 96   C C
12R T1600 ウイングチップ    セ5 500万下 1:35.0 +0.2 -0.5 +0.7 -1.0 93   D D

2017-06-18 (日)  ダ=-0.2 → -0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1600 ハイアーグラウンド    牡3 未勝利 1:39.5 +0.3 ± +0.5 -0.2 95   D D
2R D2100 パガットケーブ    牡3 未勝利 2:15.6 +1.9 ± +2.2 -0.3 78   E D
3R D1400 フォーティプリンス    牡3 未勝利 1:26.8 +0.8 ± +1.0 -0.2 90   E D
7R D1400 メリートーン    牝4 500万下・牝 1:25.3 +0.4 ± +0.6 -0.2 94   D C
9R D1600 クインズサターン    牡4 青梅特別1000 1:37.4 +0.2 ± +0.4 -0.2 96   D B
11R D1600 サンライズノヴァ    牡3 ユニコーG3 1:35.9 -1.2 ± -0.8 -0.4 108   B C

         

■ワンポイントアドバイス
苦戦した逃げ馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。