Victory Road

DMM.make DISPLAY

2017/07/01 (土)
2017年3回中京1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜はマイナス1秒2からマイナス1秒0へと変動した。
 先週の中京は水曜に5ミリ、そして金曜は50ミリ以上のまとまった雨が降って、土曜の芝は終日稍重だった。水を含んだコンディションだった訳だが、それでも馬場差はマイナス0秒9ですから、時計の出やすいレベルだったと言えるだろう。そして日曜は土曜よりも乾いて良馬場になり、馬場差もマイナス方向に動いて、さらに時計は出やすくなった。ただ、11RのCBC賞の前から再び雨が降って、このレースだけは9Rまでと比べれば、時計が掛かり、2000m換算の馬場差でマイナス1秒0になった。連対馬の脚質を見ると、前めにつけた馬が不振ではないものの、中団・後方の差し馬が優勢。この様に雨の影響を受けた事も関係していたのかもしれないが、この傾向は今週も記憶に止めておきたい。なお、今週もう1週Aコースが使用されて、後半2週はBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒9、日曜はマイナス1秒3からマイナス1秒5へと変動した。
 まず土曜朝時点で水分を多く含み、不良馬場でスタートした。途中重馬場に変更されたが、馬場差は終日同じでマイナス1秒9。脚抜きが良くて、かなり速い時計の出るコンディションだった。日曜は土曜と比べれば乾いたが、それでも馬場差はマイナス1秒台。そしてダートも終盤は雨の影響を受け、12Rだけはそれよりもさらに時計が出やすくなり、1800m換算の数値でマイナス1秒5となった。連対馬の脚質を見ると、ダートは前めにつけ、内を立ち回った馬が優勢だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/07/01 (土)  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 フロンティア    牡2 新馬 1:38.2 +1.6 -1.0 +1.3 -0.7 87   SL C
7R T2200 ナリタプレジデント    牡3 未勝利 2:13.8 -1.2 ± -0.2 -1.0 102   C C
9R T1600 レオナルド    牡4 御在所特500 1:33.9 -0.9 ± -0.2 -0.7 102   C C
10R T1400 クライムメジャー    牡3 知多特別1000 1:20.6 -0.4 ± +0.2 -0.6 98   C B
12R T2000 ドラゴンカップ    牡4 500万下 2:01.2 +0.2 -0.3 +0.8 -0.9 92   D B

2017-07-01 (土)  ダ=-1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1800 ナガラエンカ    牝3 未勝利・牝 1:54.2 -0.6 -0.5 +0.8 -1.4 92   D D
3R D1200 パルトネール    牝3 未勝利 1:12.8 -0.4 ± +0.9 -1.3 91   E D
6R D1800 ホノルア    牡3 未勝利 1:51.7 -3.1 ± -1.2 -1.9 112 A D
8R D1200 クリノシャンボール    牡4 500万下 1:10.0 -2.5 -0.2 -1.4 -1.1 114   A C
11R D1800 アドマイヤロケット    牡5 白川郷H1600 1:50.8 -1.2 ± +0.7 -1.9 93   D C

         

■ワンポイントアドバイス
函館の連闘馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。