Victory Road

DMM.make DISPLAY

2017/07/02 (日)
2017年1回函館6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒7だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、開催が進むにつれて時計は掛かって来てはいるが、それでもマイナス1秒台ですから、かなり速い時計の出るコンディション。
 洋芝のコースとしては高速馬場が続いている。先週については、単純に土曜日1日使った分と日曜の方が風が強くなった分で、日曜の方が若干ではあるが、時計は掛かっている。連対馬の脚質を見ると、土曜は逃げ・先行馬がやや優勢だったが、日曜は一転して差しの効く馬場になった。特に7R以降の連対馬は全て中団・後方に位置した馬だった。なお、函館は今週から2回開催に入るが、今週まで引き続きAコースが使用されて、開催2週目からBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜はマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒7だった。ここまでさかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、開催日によって馬場差は異なるものの、全てマイナスの数値で4日目以降は大きな動きはない。
 時計の出方自体は確かに4日目以降大きくは変わっていないが、先週日曜は風の影響で土曜と比べれば、やや掛かったと判断する。ただ、距離や時間帯によっても異なったかもしれず、追い風の区間もあったが、横から受ける区間もあって、トータルで見れば土曜と大きくは変わっていないと見る。連対馬の脚質については、好位勢が少ないというのが先週では目に付くところだが、これはたまたまだろうか。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/07/02 (日)  芝=-1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 コスモプラシデス    牡3 未勝利 1:09.5 -0.5 ± +0.5 -1.0 95   D C
4R T1800 キョウワベルナルド    牡3 未勝利 1:48.2 -1.2 ± +0.3 -1.5 97   C D
5R T1200 スズカマンサク    牝2 新馬 1:10.9 +0.2 -0.3 +0.9 -1.0 91   SL C
7R T2000 オリエントワークス    牝4 500万下・牝 1:58.7 -2.5 ± -0.8 -1.7 108   B D
9R T2600 リッジマン    牡4 500万下 2:41.1 -0.1 -0.8 +1.3 -2.2 87   SL D
11R T1800 サトノアレス    牡3 巴賞 1:46.5 -0.1 -0.6 +0.8 -1.5 92   D D
12R T1200 デアレガーロ    牝3 道新スポ1000 1:08.6 -0.4 ± +0.6 -1.0 96   D D

2017-07-02 (日)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 フィネス    牝3 未勝利・牝 0:59.1 -0.8 ± -0.4 -0.4 104   B D
2R D1700 レイダー    牡3 未勝利 1:46.9 -0.7 ± ±0 -0.7 100 C D
6R D1000 アッティーヴォ    牡3 500万下 0:58.9 -0.3 ± +0.1 -0.4 99   C D
8R D1700 ドラゴンシュバリエ    牡4 500万下 1:46.1 -0.3 ± +0.4 -0.7 96   D D
10R D1700 スターストラック    牡3 檜山特H1000 1:45.3 -0.3 ± +0.4 -0.7 96   D C

         

■ワンポイントアドバイス
函館の連闘馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。