Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2017/07/16 (日)
2017年2回函館4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒7、日曜はマイナス1秒3からプラス1秒3へと変動した。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、この開催3日目、つまり先週土曜まではマイナス1秒8かマイナス1秒7で速い時計の出るコンディションだったが、日曜は雨が降り続いて時計が掛かって行った。
 連続開催の5週目にあって、そろそろ時計が掛かってきても良いのだが、先週からBコースに替わって高速馬場が続いている。しかし、日曜日は朝から雨が降り続いて、時計が掛かって行った。特に昼過ぎからは一気に時計が掛かって、9R以降は2000m換算でプラス1秒3。言い換えると11R・12R時は雨が降っておらず、9R以降は同じ数値となる。連対馬の脚質については、土曜はコースが変わって最初の開催日だったためか、前めに位置した馬が多かったが、終盤まで雨が降り続いた日曜は中団・後方の差し馬が多くなった。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜はマイナス0秒8、日曜がマイナス1秒1でスタートしてマイナス2秒0そしてマイナス1秒8へと変動した。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、先週土曜まではマイナス0秒9からマイナス0秒7の間で推移していたが、日曜は速い時計の出るコンディションになった。
 土曜は前2週と同レベルで、良馬場発表ではあるものの時計の出やすい馬場だった。そして日曜はダートも雨の影響を受け手脚抜きが良くなった。時計の出やすさという点で8R時点がピークで、その後は水が浮いて10R時はいくらか水準方向に戻したが、それでも高速馬場である事に変わりはなかった。連対馬の脚質では目立った偏りはないが、時計が出やすくなった日曜の方が差し馬は多くなっている。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/07/16 (日)  芝=-1.3 → +1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 ヤマノグラップル    牡2 未勝利 1:10.7 +0.2 ± +1.0 -0.8 90   E D
4R T1200 サラデコラシオン    牝3 未勝利・牝 1:09.5 -0.5 ± +0.1 -0.6 99   C D
5R T1800 ディロス    牡2 新馬 1:52.8 +2.2 -1.0 +1.8 -0.6 82   SL C
6R T2000 アドマイヤアルパマ    牝3 未勝利 2:03.0 +0.8 ± +1.3 -0.5 87   E C
9R T1200 ケルベロス    牡4 下北半島500 1:11.3 +1.9 ± +1.1 +0.8 89   E C
11R T2000 ルミナスウォリアー    牡6 函館記念HG3 2:01.2 +2.1 ± +0.8 +1.3 92   D C
12R T2600 クラシックエース    セ5 北海H1000 2:42.2 +1.8 ± +0.1 +1.7 99   C D

2017-07-16 (日)  ダ=-1.1 → -2.0 → -1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1000 トーホウレジーナ    牝3 未勝利 0:59.3 -0.6 ± ±0 -0.6 100   C D
3R D1700 リリーモントルー    牡3 未勝利 1:47.0 -0.6 ± +0.6 -1.2 94   D D
7R D1000 サノノショウグン    牡3 500万下 0:59.1 -0.1 ± +1.0 -1.1 90   E D
8R D1700 トウケイワラウカド    牡4 500万下 1:42.3 -4.1 ± -2.1 -2.0 121 A D
10R D1700 ペイシャゴンジセ    牡6 渡島特別1000 1:43.8 -1.8 ± ±0 -1.8 100   C C

         

■ワンポイントアドバイス
福島芝は4コーナー・4番手以内
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。