Victory Road

DMM.make DISPLAY

2017/07/23 (日)
2017年2回福島8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒5だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、最終週の先週だけはマイナス1秒台ではなく、水準に近づいた。
 先週は最終週だったという事もありますし、火曜にまとまった雨が降って、日曜日も小雨ではあるものの、降ったり止んだりで、この開催では最も時計が掛かっていた。なお、その日曜は午前中風の影響も受けたが、午後の方が馬場自体が荒れて来ており、差し引きして馬場差は終日同じとした。連対馬の脚質については、特に日曜は中団・後方から外を回る馬の進出が目立っている。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜はプラス0秒5からプラス0秒2へと変動した。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、6日目までは全てプラスの数値だが大きく時計が掛かるという程ではなかった。そして先週土曜はプラスゾーンではなく、この開催では最も時計の出やすいレベル。そして日曜は午前中はいくらか時計が掛かっていたが、午後は午前と比べると時計が出やすくなった。
 土曜はこの開催では最も時計の出やすいレベルだったが、プラスマイナスゼロですから脚抜きが良いというレベルではなかった。そして日曜は、午前中は風の影響で、土曜と比べ時計は掛かっていたが、雨も降っていて後半はやや時計が出やすくなった。ただ、いずれにしても開催を通じてプラスマイナスゼロからプラス0秒5の間で推移しており、大きな動きはなかった。連対馬の脚質については、目立った偏りはないが、前めにつけた馬がやや優勢だったと言えるだろう。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/07/23 (日)  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 ソイルトゥザソウル    牡2 未勝利 1:11.1 +0.8 -0.3 +0.8 -0.3 92   SL D
2R T1800 トッカータ    牡2 未勝利 1:51.4 +1.8 -0.4 +1.9 -0.5 81   E D
5R T2000 スターリバー    牝2 新馬 2:04.9 +2.1 -0.9 +1.7 -0.5 83   SL C
6R T1200 ステイウィズアンナ    牝3 未勝利 1:10.4 +0.7 ± +1.0 -0.3 90   E C
7R T2000 モクレレ    牡3 未勝利 2:01.5 -0.1 ± +0.4 -0.5 96   D D
9R T1800 ゴールドスミス    牡3 栗子特別500 1:47.7 -0.2 ± +0.3 -0.5 97   C C
11R T1800 マウントロブソン    牡4 福島テレ 1:47.6 +1.6 -0.6 +1.5 -0.5 85   SL D
12R T1200 サレンティーナ    牡3 500万下 1:09.4 +0.2 ± +0.5 -0.3 95   D D

2017-07-23 (日)  ダ=+0.5 → +0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1150 ロックンルージュ    牝3 未勝利 1:10.9 +1.7 ± +1.4 +0.3 86   E D
4R D1700 レコンキスタ    牡3 未勝利 1:49.2 +2.1 ± +1.6 +0.5 84   E D
8R D1700 バンパークロップ    牝3 500万下・牝 1:46.5 +0.5 ± +0.3 +0.2 97   C C
10R D1700 エイシンビジョン    牡4 横手特別1000 1:45.9 +0.7 ± +0.5 +0.2 95   D C

         

■ワンポイントアドバイス
3回中京5日目で前へ行った馬を狙う
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。