Victory Road

アダルト動画

2017/07/23 (日)
2017年3回中京8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒2からマイナス0秒9へと変動した。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、ほとんどがマイナス1秒台で最も時計が掛かっている数値でも、マイナス0秒9なので基本的に速い時計の出るコンディションだった。
 先週は週明けの月曜に雨、そして金曜は微量の雨で大きな影響はなかったはずだが、最終週だけに2週目・3週目と比べれば、時計は掛かっていた。日曜については終盤に雨が降って、いくらか時計が掛かって行った。連対馬については、土曜は中団・後方にいた馬の上位進出が目立ち、逃げ・先行勢は1頭だけだった。しかし、日曜は大きな偏りはなく、むしろ終盤になると逃げ・先行勢が3連勝。外も荒れてきて、それならコースロスのない内を通った方が有利になったのかもしれない。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜はマイナス1秒0からマイナス1秒2へと変動した。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、1週目は脚抜きが良く高速馬場だった。ただ、3日目以降は全て良馬場発表だったが、マイナス1秒台かそれに近いレベルで速い時計の出るコンディションだった。
 まず土曜はマイナス1秒2。日曜はいくらか乾いて水準方向に動いたが、それでもマイナス1秒0だった。終盤の雨で日曜の10Rだけは1800m換算の数値でマイナス1秒2。つまり、土曜と同じレベルに戻った。連対馬の脚質については、土曜は大きな偏りはなかったが、勝ち馬は前めに位置していた馬ばかりだった。日曜は好位勢がゼロ。逃げ馬をマークしつつ好位につけ、勝負所で捕らえにかかった馬が直線で伸びあぐねている所に外から差し馬が交わして行くケースが目に付いた。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/07/23 (日)  芝=-1.2 → -0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1600 スカーレットカラー    牝2 未勝利 1:35.5 -0.8 ± +0.2 -1.0 98   C C
5R T1400 アントルシャ    牝2 新馬 1:24.2 +1.2 -0.2 +1.8 -0.8 82   E C
7R T2000 ナリタピクシー    牝4 500万下・牝 2:00.6 -0.4 -0.5 +0.3 -1.2 97   C B
9R T2200 ラウレアブルーム    牡5 渥美特別500 2:13.4 -0.4 ± +0.7 -1.1 93   D C
11R T1600 ウインガニオン    牡5 中京記念HG3 1:33.2 +0.2 ± +1.0 -0.8 90   E D
12R T1400 オールポッシブル    牝3 500万下 1:21.7 +0.2 -0.2 +0.6 -0.6 94   D C

2017-07-23 (日)  ダ=-1.0 → -1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1800 デュナミス    牝3 未勝利・牝 1:55.6 +0.8 ± +1.8 -1.0 82   E D
3R D1200 シュライエンシチー    牡3 未勝利 1:12.9 -0.3 ± +0.4 -0.7 96   D C
6R D1800 ワンフォーオール    セ3 未勝利 1:54.6 -0.2 ± +0.8 -1.0 92   D D
8R D1400 マイネルラック    牡4 500万下 1:24.3 -0.8 ± ±0 -0.8 100   C B
10R D1200 エルフィンコーブ    牝4 尾頭橋特1000 1:11.3 -0.6 ± +0.2 -0.8 98   C D

         

■ワンポイントアドバイス
3回中京5日目で前へ行った馬を狙う
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。