Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2017/08/13 (日)
2017年2回小倉6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒7だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値でマイナス0秒9からマイナス0秒7の間で推移している。ただ、先週は前半2週と比べ、水準方向に動いた。
 先週も雨の影響はなく、開催が進むにつれて少しずつ時計が掛かるようになってきている。今週でAコース4週目となるので、良馬場でも先週より少しだけ時計が掛かるようになるはずだが、その後の後半2週はBコースが使用されるので、そこでまた速い時計が出やすくなる可能性がある。徐々に時計が掛かるようになって来ても、まだ先行有利だが、先週日曜の後半は差しが決まっていた。これが馬場の変化によるものなのかどうか、ちょっと判断しかねるが少なくとも全く差しが効かない馬場ではない。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス0秒7だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値の上週単位で見ると、ジワジワ時計が掛かってきている。
 週半ばに雨は降っていたが、週末は乾いた状態で水準よりは時計の掛かる馬場が続いている。土曜の8Rを除けば、4コーナー2番手以内の馬が1頭は2着以内に入っており、小倉らしく先行有利。ただ、力の要る馬場なのでペースが速くなると先行馬が激しくバテてしまって、差し決着になる事もある。先週は先行馬総崩れになる展開が土曜8Rだけだったという事。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/08/13 (日)  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 アサクサゲンキ    牡2 未勝利 1:08.8 -0.8 ± -0.4 -0.4 104   B C
3R T1200 キョウエイレガシー    牝3 未勝利・牝 1:08.7 -0.4 ± ±0 -0.4 100   C D
5R T1200 スーサンドン    牡2 新馬 1:10.1 +0.3 -0.2 +0.5 -0.4 95   D D
6R T2000 メイショウモウコ    牡3 未勝利 2:01.4 +0.6 -0.3 +1.0 -0.7 90   E D
8R T2000 エテレインミノル    牡3 500万下 1:59.6 -0.3 ± +0.4 -0.7 96   D D
9R T1800 セイントバローズ    牡5 筑後川特500 1:48.1 +1.0 -0.7 +0.9 -0.6 91 SL D
11R T2000 マサハヤドリーム    牡5 博多SH1600 1:59.2 +0.7 ± +1.4 -0.7 86   E D

2017-08-13 (日)  ダ=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1700 アサカディスタンス    牡3 未勝利 1:47.9 +1.6 ± +0.9 +0.7 91   E D
7R D1000 ゼットパール    牝3 500万下 0:59.0 +0.6 ± +0.2 +0.4 98   C C
10R D1000 ノボリクリーン    牡5 西部日刊1000 0:58.5 +0.7 ± +0.3 +0.4 97   D D
12R D1700 ミヤジヴィジェ    牝3 500万下・牝 1:45.3 +0.1 ± -0.6 +0.7 106 B D

         

■ワンポイントアドバイス
洋芝の道悪は別世界
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。