Victory Road

DMM.make DISPLAY

2017/08/20 (日)
2017年2回札幌2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒9だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、1回開催4日目まではかなりの高速馬場だったが、3週目は雨の影響で時計が掛かった。先週はマイナスゾーンに戻ったが、前の開催1・2週目ほどの高速馬場ではなかった。
 先週は雨の影響も無く、Cコースに移ってマイナス1秒以上の高速馬場に戻るかと思っていたが、そこまでは戻らなかった。やはり洋芝は雨の中でレースが行われると、一気に時計が掛かるようになりますし、翌週以降にもその影響が残る。先週は良馬場だったので、芝の傷みはそれほど進行していないはずで、今週も先週ぐらいの馬場差になるだろうと推測する。特に先行有利でもなければ、差しが決まりやすい馬場でもなく、馬の能力とレース展開によって決まり手が変わっている。すなわち、公平な馬場だと言える。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒7だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で特に1回開催3週目は脚抜きが良く、かなり速い時計の出るコンディションだった。
 雨が降って超高速馬場となった先々週を除けば、馬場差はマイナス0秒6前後で安定している。これが今年の札幌の水準の馬場だが、札幌らしく先行馬の好走が多い。札幌ダートは馬場状態に関係なく、先行有利だと考えて良い。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/08/20 (日)  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1500 ラスエモーショネス    牝2 未勝利 1:31.3 +0.5 -0.2 +1.0 -0.7 90   SL C
4R T1200 パッションチカ    牝3 未勝利 1:10.0 -0.4 ± +0.1 -0.5 99   C C
5R T1800 ルーカス    牡2 新馬 1:50.6 -0.5 -0.8 -0.5 -0.8 105   B B
8R T2000 メイズオブオナー    牝3 500万下・牝 2:02.1 ±0 -0.3 +0.6 -0.9 94   D C
9R T1500 ダブルシャープ    牡2 クローバ 1:30.8 +1.0 ± +1.7 -0.7 83   E D
11R T2000 サクラアンプルール    牡6 札幌記念G2 2:00.4 +0.4 ± +1.3 -0.9 87   E C
12R T1200 ココファンタジア    牝4 小樽特別500 1:09.9 +0.1 ± +0.6 -0.5 94   D D

2017-08-20 (日)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D2400 サトノヴィクトリー    牡3 未勝利 2:36.5 +0.7 -0.7 +1.0 -0.3 90   SL D
3R D1700 メイショウソリッド    牡3 未勝利 1:45.3 -1.5 ± -0.8 -0.7 108   B D
6R D1000 サルタート    牝3 500万下 0:59.1 +0.1 ± +0.5 -0.4 95   D D
7R D1700 フォギーナイト    牡3 500万下 1:44.5 -1.2 ± -0.5 -0.7 105   B C
10R D1000 テイエムチェロキー    牡3 おおぞら1000 0:58.2 -0.2 ± +0.2 -0.4 98   C D

         

■ワンポイントアドバイス
2歳・3歳限定戦での実績はアテにならない
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。