Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2017/08/26 (土)
2017年2回新潟9日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒5。直線1000mは土曜がプラス0秒2、日曜がマイナス0秒2だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、2000m対象の馬場差は8日目までマイナス1秒0からマイナス0秒7の間で推移していたが、それに比べて先週は水準方向に動いた。一方直線1000mは水準レベルで推移しているが、先週土曜だけはプラスゾーンだった。
 火曜日から土曜の朝まで雨が降っていて、土曜は重馬場でスタートした。5R以降は稍重だが、馬場差は一定でなおかつ重馬場でも馬場差はマイナスだった。日曜日は良馬場に回復したが、まだパンパンの良馬場ではなかったようで、馬場差はマイナス0秒5となった。今週でAコース連続使用6週目となるが、完全な良馬場なら馬場差はマイナス0秒6か7ぐらいになると推測する。芝はあまり傷んではいない。なお、直線1000mは土曜日が向かい風の時、日曜日は追い風の時にレースが行われた。土日の馬場差の開きが2000m対象の馬場差よりも大きいのは風の影響によるもの。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒2。1200mについては、土曜はレースがなく日曜はマイナス0秒5だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておく。1800mは8日目までプラスの数値が続いていたが、先週は初めてマイナスの数値になった。1200mは先週日曜がこの開催で最も時計の出やすいコンディションだった。
 朝までの雨によって土曜は水分をたっぷりと含んだ重馬場だった。実際のタイムを見ると時計が掛かっていたように見えるが、レースのレベルが低かっただけで、今年夏の新潟ダートでは最も速い時計が出るコンディションとなった。日曜は土曜よりも水分が抜けたものの、含水率はまだ高くて土曜と馬場差は大きくは違わなかった。土曜には行われなかったダート1200mは日曜にマイナス0秒5と今年夏の新潟では最も速い時計が出る馬場になった。土曜は比較的差し馬が好走していて、日曜は逃げ・先行馬がいつも以上に好走しているように見えるが、土曜は全てが1800mでなおかつ時計が出る馬場なのに、実際には遅い決着で差し馬が間に合うという事があった。一方日曜は5鞍中4鞍が1200mだった上に低レベルの決着がなかっただめ、全体として逃げ・先行馬の好走が多くなっている。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/08/26 (土)  芝=-0.3 / 直=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 スターフィールド    牡2 未勝利 1:49.0 +0.9 ± +1.2 -0.3 88   E C
2R T1200 ハイヤーアプシス    牝3 未勝利 1:09.4 -0.2 ± ±0 -0.2 100   C D
5R T1600 エントシャイデン    牡2 新馬 1:36.1 +0.5 -0.6 +0.1 -0.2 99   C C
6R T1800 サルダーナ    牝3 未勝利 1:48.3 +1.0 ± +1.3 -0.3 87   E D
10R T1000 アペルトゥーラ    牡6 稲妻S1600 0:56.1 +1.6 ± +1.4 +0.2 86   E D
12R T1200 ワイナルダム    牡3 500万下 1:08.7 -0.3 ± -0.1 -0.2 101   C C

2017-08-26 (土)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1800 サクラレガーロ    牡3 未勝利 1:55.3 +1.5 ± +1.8 -0.3 82   E D
7R D1800 パルトネルラーフ    牡4 500万下 1:55.4 +2.6 ± +2.9 -0.3 71   E D
9R D1800 スペルマロン    セ3 瀬波温泉1000 1:52.3 +0.3 ± +0.6 -0.3 94   D C
11R D1800 トップディーヴォ    牡5 BSN賞H 1:51.5 +0.9 ± +1.2 -0.3 88   E D

         

■ワンポイントアドバイス
ハンデ戦の考え方
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。