Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2017/10/15 (日)
2017年4回東京5日目

■馬場コメント
 芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜はプラス0秒2からプラス0秒9へと変動した。まずここまで5日間の馬場差を確認しておくと、開幕週は馬場が乾くにつれて時計が出やすくなって行ったが、先週は土曜時点で雨の影響が残っていた上、日曜は雨が降る中レースが行われた。土日ともにプラスの数値だった。
 金曜日から土曜の朝にかけて雨が降り、土曜は1日を通して稍重だった。1週目に芝が傷んだ分も含め、馬場差はプラスゾーンに突入した。日曜は朝から雨が降り続けたために、馬場差は変動で徐々に時計が掛かるようになった。1Rの時点では土曜と大差なかったが、12Rはプラス0秒9まで行った。先週、特に日曜は直線で内を空ける事が多かった。今週までAコース使用で、この内ラチの位置は変わらず。という事は、今週も先週と同じ傾向になるかもしれないが、もし馬場が乾くとそれがどうなるかわからないという所。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともにマイナス2秒4だった。ここまで2週終日良馬場だった開催日はなく、馬場差は全てマイナス1秒を超えている。特に初日と先週土日は1日を通じてマイナス2秒台だった。
 金曜から土曜の朝まで雨が降り続けて、さらに日曜もずっと雨だったので、土日とも不良馬場だった。どちらも馬場差マイナス2秒4とかなりの高速馬場だった。日曜は天候を考えると、馬場差が変動になっていそうだが、日曜の雨量そのものは多くなかった事と、土曜の時点で既に極限に近い高速馬場だったため、時計の出方が変化しなかったという事。仮に日曜日が大雨だったら、水が浮いて行って、後半ほど時計が掛かる馬場になっていたと思う。逃げ切りもあるが、東京コースらしく土日トータルで見れば差しも決まっていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/10/15 (日)  芝=+0.2 → +0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1400 ハウナニ    牝2 未勝利 1:23.5 +0.1 ± ±0 +0.1 100   C C
3R T1600 オハナ    牝2 新馬・牝 1:40.8 +4.4 -1.1 +3.1 +0.2 69   SL C
4R T1800 ギャンブラー    牡2 新馬 1:51.9 +2.4 -1.0 +1.0 +0.4 90   SL C
8R T1800 アーバンキッド    牡4 1000万下 1:48.6 +1.6 -0.4 +0.6 +0.6 94   D D
11R T2000 マウントロブソン    牡4 オクトー 2:00.9 +2.0 -0.4 +0.8 +0.8 92   D C
12R T1400 ペイシャフェリシタ    牝4 神奈川新1000 1:22.5 +0.8 -0.2 ±0 +0.6 100   C C

2017-10-15 (日)  ダ=-2.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1600 モリトユウブ    牡2 未勝利 1:36.9 -2.9 ± -0.5 -2.4 105   B D
5R D1300 ジュンザワールド    牡4 500万下 1:17.4 -1.1 ± +0.9 -2.0 91   E D
6R D1600 リリカルホワイト    牝4 500万下・牝 1:35.1 -2.9 ± -0.5 -2.4 105   B D
7R D1400 フクノクオリア    セ3 500万下 1:24.0 -0.9 ± +1.2 -2.1 88   E E
10R D2100 モンドアルジェンテ    牡5 赤富士H1600 2:08.5 -1.9 ± +1.3 -3.2 87   E C

         

■ワンポイントアドバイス
ディープインパクト産駒は2歳重賞を勝つと3歳春は不振
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。