Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2017/10/15 (日)
2017年4回京都5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜はマイナス0秒5からプラス0秒5へと変動した。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、4日目つまり先週土曜まではマイナスの数値だったが、日曜は雨が降り続いて、後半はプラスの数値となった。
 金曜日に少し雨が降ったが、土曜は終日良馬場だった。ただし、1週目に傷んだ事もあって3日目より少し時計が掛かるようになった。日曜は未明から降り出した雨がずっと続いて、5Rから稍重。そして11Rは重馬場になった。馬場差は変動で3Rがマイナス0秒5、そこから徐々に時計が掛かるようになり、11Rはプラス0秒5だった。日曜日には前残りが続いて、11Rの秋華賞だけ差し決着だが、後半の方が差しやすい馬場だったという事ではなく、秋華賞が超ハイペースだったため。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜はマイナス0秒2からマイナス1秒1へと変動した。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、開幕週特に初日はかなりの高速馬場でスタートしたが、馬場が乾くにつれ、水準方向に近づいて行った。対して先週は日曜に雨が降り続き、後半になるほど時計が出やすくなった。
 金曜に少し雨が降ったが、土曜は良馬場。馬場差も標準だった。日曜は未明から雨が降り続け、1Rの時点で稍重だった。そして10R以降は重。日曜は馬場差は変動で、1800m換算で1Rがマイナス0秒2、そこから徐々に高速化して12Rはマイナス1秒1だった。土曜は京都のダートらしく前残りの傾向が強く、高速馬場だった日曜の後半は差し馬が好走しているが、いずれもハイペースだった。ダートは基本的に良馬場でも道悪でも先行有利だが、高速馬場になると先行有利という意識が強くなって、先を争ってハイペースになるという事があって、その場合は差しが決まる。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/10/15 (日)  芝=-0.5 → +0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1600 メガリージョン    牡2 未勝利 1:35.7 +0.1 -0.3 +0.2 -0.4 98   C C
5R T1800 フォックスクリーク    牡2 新馬 1:51.0 +1.8 ± +2.0 -0.2 80   E C
7R T2400 レジェンドセラー    牡3 1000万下 2:27.6 +1.5 -0.3 +1.2 ±0 88   SL D
8R T1200 メイショウカリン    牝3 500万下 1:09.4 +0.3 ± +0.2 +0.1 98   C D
9R T1400 ダノンスマッシュ    牡2 もみじS 1:23.4 +1.4 -0.3 +1.0 +0.1 90   SL D
11R T2000 ディアドラ    牝3 秋華賞G1 2:00.2 +1.3 ± +0.8 +0.5 92   D C

2017-10-15 (日)  ダ=-0.2 → -1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 タガノアム    牝2 未勝利・牝 1:14.8 +1.7 ± +1.8 -0.1 82   E C
2R D1800 ブルヴェルソン    牡2 未勝利 1:56.3 +1.7 -0.6 +1.4 +0.3 86   E C
4R D1200 クレヴァーパッチ    牡2 新馬 1:12.8 -0.5 ± -0.2 -0.3 102   C C
6R D1400 トウカイシュテルン    牝3 500万下 1:24.9 +0.4 ± +0.9 -0.5 91   E B
10R D1800 ヒロブレイブ    牡4 愛宕特H1000 1:51.3 -0.5 ± +0.5 -1.0 95   D C
12R D1200 オアシスクイーン    牝3 藤森S1600 1:11.1 +0.4 ± +1.1 -0.7 89   E C

         

■ワンポイントアドバイス
ディープインパクト産駒は2歳重賞を勝つと3歳春は不振
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。