Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2017/11/05 (日)
2017年5回京都2日目

■馬場コメント
 京都は先週金曜・日曜の開催だった。先週の芝の馬場差は2000m対象の数値は金曜・日曜ともにマイナス0秒5だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、前の開催後半は雨の影響を強く受け、4日続いて設定不能となったが、先週は金曜・日曜ともに良馬場でやや速めの時計が出るコンディションだった。
 Bコースに変わって最初の開幕週、しかも良馬場発表でやや時計の出やすいレベルだった。2週続けて雨の影響を強く受けて、乾いた馬場でも時計が掛かるのではないかとも予想していたが、そうではなかった。ただ、連対馬の脚質を見るとコース替わり最初の開催日である金曜こそ、逃げ・先行馬の粘りが目に付いたが、日曜は逃げ・先行の連対はゼロで、コースの外めに出された馬の上位進出が目に付いた。この辺りはやはり前開催の雨の影響もあったのかもしれない。なお、京都芝は今週もう1週Bコース、後半2週はCコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は金曜がマイナス0秒2、日曜がプラス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、前の開催5日目以降は良馬場の日がなく、マイナス1秒かそれに近いレベルで推移していた。しかし、先週は金曜・日曜ともに良馬場で水準レベルの数値となり、日曜は秋の京都で初めてプラスゾーンとなった。
 雨の影響を受けた前の開催の後半にしても、高速馬場という程ではなかった。先週は乾いて水準レベルだったというのは頷ける。元々良馬場なら水準レベルの馬場差になるというのは、この秋の京都ダートの特徴かもしれない。連対馬の脚質を見ると、中団・後方の差し馬の方が多い。これはペースの影響もあるのだろうが、京都ダートとしては差しが効いていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/11/05 (日)  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1600 シグナライズ    牝2 未勝利・牝 1:35.1 -0.5 ± -0.1 -0.4 101   C B
4R T1800 ウォルビスベイ    牡2 未勝利 1:48.8 -0.1 ± +0.4 -0.5 96   D C
5R T2000 スラッシュメタル    牡2 新馬 2:03.9 +1.3 -1.2 +0.6 -0.5 94   D C
6R T1400 サウンドキアラ    牝2 新馬 1:22.2 -0.8 ± -0.4 -0.4 104 B C
8R T2000 メイケイレジェンド    牡4 500万下 1:59.6 -1.0 ± -0.5 -0.5 105   B C
9R T1200 ベルディーヴァ    牝5 醍醐特別1000 1:08.7 ±0 ± +0.3 -0.3 97   D C
10R T1600 ムーンクエイク    セ4 長岡京S1600 1:34.2 +0.9 -0.5 +0.8 -0.4 92   D B

2017-11-05 (日)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ティカル    牡2 未勝利 1:26.5 +0.5 ± +0.4 +0.1 96   D E
3R D1800 グレートタイム    牡2 未勝利 1:54.8 +0.2 -0.5 -0.4 +0.6 104 B D
7R D1900 ラボーナ    牡3 500万下 1:59.5 +0.1 ± ±0 +0.1 100   C B
11R D1800 テイエムジンソク    牡5 みやこSG3 1:50.1 -0.1 ± -0.2 +0.1 102   C C
12R D1200 グラッブユアコート    牝5 1000万下 1:12.0 +0.7 ± +0.6 +0.1 94   D C

         

■ワンポイントアドバイス
驚異的な連対率・堀宣行厩舎の新馬戦
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。