Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2017/11/19 (日)
2017年5回東京6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒1だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、前の開催最終日は雨の影響を強く受けて設定不能だったが、この開催に入って安定している。前半4日間はマイナス0秒8で変わらず、先週はマイナス1秒1だった。
 先週はCコースに変わった最初の週で、マイナス1秒台の数値になった。一時的に雨の降った時間帯もあったが、基本的には速い時計の出るコンディションだった。ただ、コース取りを見ると連続開催の終盤らしい傾向で、土曜日は逃げ馬も内ラチ添いに進路を取っていたが、後半に進むにつれて内側を空ける進路取りに変わって行った。日曜日はさらにインコースを避けるようになって馬場の中から外が伸びて、外差しの傾向が強まった。とは言っても、スローペースになればインコースは圧倒的に有利で、日曜日12Rはその典型的なケースだった。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。ダートについては、前の開催最終週は雨の影響で時計の出やすい馬場だったが、この開催に入ってからはマイナスゾーンではあるものの、水準に近いレベルで推移している。
 時計の出方としては、先々週とほとんど変わっていない。見た目には先々週とほぼ同じで含水率の低い乾燥した状態。平均ペースならばほぼ良馬場の水準タイムが出やすいコンディションで、つまり走破タイムで能力がわかりやすい、極めてシンプルな馬場設定だった。脚質は実にバラエティに富んでいて、その点はいかにも東京コースらしい。連対馬の脚質、偏りは少なかったが先週は逃げ馬の2着と追い込み馬の活躍が目に付いた。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/11/19 (日)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1400 イルルーメ    牡2 未勝利 1:22.6 -0.8 ± ±0 -0.8 100   C C
2R T1800 ナスノカツラ    牝2 未勝利・牝 1:49.6 +0.4 -0.8 +0.6 -1.0 94   D C
4R T1600 テトラドラクマ    牝2 未勝利 1:33.9 -2.2 ± -1.3 -0.9 113 A D
5R T1800 ブラストワンピース    牡2 新馬 1:51.4 +1.9 -1.4 +1.5 -1.0 85   SL B
6R T1400 ロードライト    牝2 新馬 1:22.7 -0.9 -0.6 -0.7 -0.8 107   B C
9R T1600 マウレア    牝2 赤松賞500 1:37.1 +1.7 -0.9 +1.7 -0.9 83   SL C
12R T2000 カレンラストショー    牡5 1000万下 2:03.4 +3.3 -1.4 +3.0 -1.1 70   SL C

2017-11-19 (日)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1300 ジェイエルスピード    牡2 未勝利 1:19.9 +0.2 ± +0.4 -0.2 96   D D
7R D1600 ラインフェルス    牡5 500万下 1:38.1 +0.1 ± +0.4 -0.3 96   D C
8R D1400 コパノリスボン    牡4 1000万下 1:24.4 +0.2 ± +0.5 -0.3 95   D D
10R D1600 オールマンリバー    牡5 錦秋S1600 1:36.3 -0.1 ± +0.2 -0.3 98   C C
11R D1400 ダノンフェイス    牡4 霜月SH 1:23.2 +0.2 ± +0.5 -0.3 95   D D

         

■ワンポイントアドバイス
3歳牝馬のレベルを検証する
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。