Victory Road

DMM.make DISPLAY

2017/12/03 (日)
2017年4回中京2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒9だった。
 昨年のこの開催の1週目はマイナス2秒5という馬場差だったが、中京の芝は今年の1月から基準タイムを変更しているので、昨年の馬場差との比較はできない。今年7月の開催は稍重だった初日がマイナス0秒9で、良馬場になった2週目や3週目はマイナス1秒7とかマイナス1秒8だったので、夏の開催に比べれば、時計は掛かっている。夏とは違って、この開催は洋芝のオーバーシートでなおかつエアレーション作業もしているので、極端な高速馬場にはなっていない。エアレーション作業後の馬場らしく、開幕週でも内有利という馬場ではなかった。この開催は6日間全てAコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5だった。
 良馬場でマイナス0秒5というのは、昨年のこの開催の1週目と同じ馬場差。昨年は2週目以降水準方向に馬場差が変化したが、冬の気温が下がる時期のダートにはありがちな事。今週も先週と同じコンディションだとは思わない方が良さそう。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/12/03 (日)  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2000 シュナイデン    牡2 未勝利 2:02.5 -0.1 -0.5 +0.3 -0.9 97   C D
5R T1400 ミッキーワイルド    牡2 新馬 1:23.2 +0.4 -0.3 +0.7 -0.6 93 D C
8R T1200 ワールドフォーラブ    牝3 500万下 1:08.7 -0.4 ± +0.1 -0.5 99   C D
9R T2000 シンギュラリティ    牡3 栄特別500 2:01.4 +0.4 -0.8 +0.5 -0.9 95 D B
10R T1400 サプルマインド    牝4 鳥羽特別1000 1:21.5 +0.5 ± +1.1 -0.6 89   E C

2017-12-03 (日)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 クォーターバック    牡2 未勝利 1:12.7 -0.9 ± -0.6 -0.3 106   B D
2R D1800 カリーニョミノル    牝3 500万下・牝 1:53.7 +0.1 ± +0.6 -0.5 94   D D
3R D1400 アーバンイェーガー    牡3 500万下 1:25.3 +0.2 ± +0.6 -0.4 94   D D
6R D1200 セングウ    牝5 500万下 1:12.8 +0.3 ± +0.6 -0.3 94   D D
7R D1800 ディスカバー    牡3 500万下 1:53.5 -0.1 ± +0.4 -0.5 96   D D
11R D1800 ゴールドドリーム    牡4 チャンピG1 1:50.1 -0.8 ± -0.3 -0.5 103   C B
12R D1200 コパノマイケル    牡4 鳴海特別1000 1:11.0 -0.9 ± -0.6 -0.3 106   B D

         

■ワンポイントアドバイス
なし
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。