Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2017/12/10 (日)
2017年5回中山4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒9だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週がマイナス1秒1。先週はマイナス0秒9で、マイナス1秒前後で推移している。
 金曜日に4.5ミリの雨が降ったが、土日を通して陽気が良くて土曜朝の段階で水分はほとんど乾いていた。馬場差は土日を通した数値。1週目と比較して0秒2ほど掛かってはいるが、速い時計の出やすいコンディションに変わりは無い。連対馬の脚質については、スローや遅めのペースのレースが多くて逃げ先行好位が多くなっているが、展開によっては差し馬も台頭していた。9日間開催の最終日まで、このままAコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒4。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒3だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、1800mはやや時計の掛かるレベル。1200mはやや時計の出やすいレベルで推移している。
 金曜の雨が残っていて、良馬場発表でも土曜は少ししっとり感があった。開幕週の馬場差よりも1800m・1200mともに0秒1速いのはそのため。日曜は乾燥が進んで1週目の馬場差に戻っている。脚質的な偏りは見られなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/12/10 (日)  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T2000 サラーブ    牝2 未勝利 2:02.6 -0.6 -0.6 -0.3 -0.9 103   C D
5R T1800 トーセンウィナー    牝2 新馬 1:53.3 +3.0 -1.1 +2.7 -0.8 73   SL C
9R T1200 タイセイアベニール    牡2 黒松賞500 1:09.5 ±0 ± +0.5 -0.5 95   D D
10R T1800 テオドール    牡4 美浦SH1600 1:47.1 -0.1 ± +0.7 -0.8 93   D C
12R T1200 フクノグローリア    牝5 1000万下 1:08.8 ±0 ± +0.5 -0.5 95   D D

2017-12-10 (日)  ダ=+0.4 / 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 フェリーチェ    牝2 未勝利 1:12.6 -0.4 ± -0.1 -0.3 101   C D
2R D1800 フレッシビレ    牝2 未勝利・牝 1:58.5 +2.4 ± +2.0 +0.4 80   E E
4R D1800 レンジストライク    牡2 未勝利 1:58.4 +2.3 ± +1.9 +0.4 81   E D
6R D1800 ディサーニング    牡2 新馬 1:58.3 +1.8 ± +1.4 +0.4 86   E C
7R D1200 ナリノメジャー    牝3 500万下 1:12.3 +0.4 ± +0.7 -0.3 93   D D
8R D1800 フェニックスマーク    牡3 1000万下 1:52.5 -0.7 ± -1.1 +0.4 111 A C
11R D1200 ディオスコリダー    牡3 カペラSG3 1:11.0 +0.9 ± +1.2 -0.3 88   E C

         

■ワンポイントアドバイス
新種牡馬ロードカナロア
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。