Victory Road

アダルト動画

2017/12/17 (日)
2017年5回阪神6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒9だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、開催が進むにつれ水準方向に近づいているが、それでも先週日曜時点でマイナス0秒9。
 この中間ほとんど雨が降らなかった。Aコース使用3週目で、コーナーを中心に若干の傷みが見られた事から、先々週よりも時計の出方は少し鈍くはなっている。日曜は直線が向かい風の影響から、さらにコンマ1秒掛かっていた。まだ速い時計の出るレベルではあるが、高速とまでは言えなくなってきている事からか、脚質面は外からの差しがよく決まっていた。後半3日間はBコースが使用される。雨の影響が無ければ、今週土曜は少し時計の出方が戻って速くなり、内めの馬が巻き返して来るのではないだろうか。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロだった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、開幕週はマイナス0秒9だったが、2週目・3週目と時計が掛かって行った。
 雨の影響がなくて、乾燥が進んでパサパサに近い状態。2週目は1週目よりも時計の出方が鈍くなって、先週はさらに掛かって土曜は水準値に近くなって、風の影響も加わった日曜は水準の馬場差となった。1200mは流石に前が残るケースが多かったが、1400mと1800mはむしろ差し・追い込み馬がよく決まっていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/12/17 (日)  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2000 シャフトオブライト    牡2 未勝利 2:02.3 -0.2 ± +0.7 -0.9 93   D D
5R T1800 ギベオン    牡2 新馬 1:49.6 +0.6 -1.0 +0.4 -0.8 96   D C
6R T1400 エアシンフォニー    牝2 新馬・牝 1:22.2 -1.1 ± -0.5 -0.6 105   B C
9R T1400 レインボーフラッグ    牡4 猪名川特1000 1:21.2 -0.3 ± +0.3 -0.6 97   D C
10R T1600 ミエノサクシード    牝4 元町S1600 1:33.8 +0.4 -0.3 +0.8 -0.7 92   D C
11R T1600 ダノンプレミアム    牡2 フューチG1 1:33.3 -1.1 ± -0.4 -0.7 104 B B

2017-12-17 (日)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 マニクール    牝2 未勝利 1:13.6 +0.2 ± +0.2 ±0 98   C D
2R D1800 ミニョンヌヴェリテ    牡2 未勝利 1:56.8 +1.8 ± +1.8 ±0 82   E D
3R D1400 エイシンデジタル    牡2 未勝利 1:26.3 ±0 ± ±0 ±0 100   C C
7R D1200 メイショウヒサカタ    牝2 500万下 1:12.4 -0.3 ± -0.3 ±0 103   B B
8R D1200 エネルムサシ    牡4 500万下 1:11.7 -0.6 ± -0.6 ±0 106 B C
12R D1400 ラバニーユ    牝5 妙見山特1000 1:24.5 +0.3 ± +0.3 ±0 97   D C

         

■ワンポイントアドバイス
ロードカナロア以外の新種牡馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。