Victory Road

アダルト動画

2017/12/23 (土)
2017年5回中山7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒6だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、開催が進むにつれ徐々に水準方向に近づいている。
 中山は2週間雨が降っておらず、マイナスの数値ではあるもののコーナーの内側を中心に傷みが出てきており、開幕週から少しずつ時計を要してきている。脚質的な偏りはなくて、日曜後半の9R・12Rは追い込み馬が勝っていた。なお、5回中山は9日間の開催で、最終日の28日(木)も引き続きAコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒7。1200m対象の数値は土日ともにプラス0秒2だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、1800mは全てプラスの数値で後半の方が掛かっていた。1200mは1800mほどに掛かってはいないものの、6日目以降はプラスの数値。
 雨がずーっと降らない関係から乾ききったパサパサの状態。中・長距離は風の影響を受けた6日目よりは速いが、5日目と比較するとコンマ1秒掛かっていた。1200mは今開催で最も時計を要するコンディションだった。1200mは先行有利なのには変わりはないが、展開次第では差し馬も台頭。1800m以上は前残りと差しが半々といった印象だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/12/23 (土)  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 セイウンミツコ    牝2 未勝利 1:09.9 -0.2 ± +0.2 -0.4 98   C D
4R T2000 カラリエーヴァ    牝2 未勝利 2:03.4 +0.2 ± +0.9 -0.7 91   E B
9R T1600 レッドイグニス    セ4 ノエル賞500 1:34.1 -0.8 ± -0.2 -0.6 102   C C
11R T2500 パフォーマプロミス    牡5 グレイH1600 2:34.1 +0.4 -0.4 +0.9 -0.9 91   D B
12R T1200 ジェイケイオジョウ    牝3 500万下 1:09.5 +0.3 ± +0.7 -0.4 93   D D

2017-12-23 (土)  ダ=+0.7 / 1200m=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 エリーナハーラー    牝2 未勝利・牝 1:13.2 +0.2 ± ±0 +0.2 100   C D
2R D1800 ミッキーポジション    牡2 未勝利 1:56.4 +0.3 ± -0.4 +0.7 104   B D
5R D1800 ワカミヤオウジ    牡2 新馬 1:56.3 -0.2 ± -0.9 +0.7 109 A D
6R D1200 ルタンメルヴェイユ    牝2 新馬 1:14.0 +0.8 ± +0.6 +0.2 94   D D
7R D2500 オメガドラクロワ    牡3 500万下 2:43.1 +0.6 ± -0.4 +1.0 104   C D
8R D1200 スズカグラーテ    牝3 舞浜特別1000 1:11.6 +0.3 ± +0.1 +0.2 99   C C

         

■ワンポイントアドバイス
今年、勝ち星を増やした騎手
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。