Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2017/12/28 (木)
2017年5回中山9日目

■馬場コメント
 最終日の芝の馬場差2000m対象の数値はマイナス0秒5だった。まずはさかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、開幕週はマイナス1秒台でスタートし、開催が進むにつれて水準レベルに近づいて行った。
 月曜に10ミリの雨が降った。それまで2週間近く降っていなかったので、これは丁度良いお湿りの感じ。Aコース9日目、コーナーの内側を中心に傷みが出てきたのは、先々週と同じだが、マイナスのコンディションであっても、頻度が進んで時計が掛かってきている。脚質の偏りはなく、ペース如何ではホープフルSのように、外からの追い込み・差しが決まる。1日を通して直線フォローの風が強かったが、時計の出方に影響を及ぼすほどではなかった。関東では例年通り年明けも中山開催。Cコースに替わる。
ダート
 最終日、木曜の馬場差1800m対象の数値はプラス0秒5。1200m対象の数値はプラス0秒1だった。さかのぼって、9日間の馬場差を確認しておくと、まず1800mは全てプラスの数値で、中でも後半は時計が掛かって行った。1200mは水準に近いレベルで推移していたが、こちらも開催の後半の方が時計が掛かっていた。
 前半の4日間と比較すると、24日つまり有馬記念の日までの4日間は1800m・1200mともに砂が乾燥して、時計を要していたが、28日は月曜の雨の影響も残って良馬場ではあるが、少し速くなっている。脚質の偏りはなし。差しと追い込みで決まった10Rはハイペースが要因である。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/12/28 (木)  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1800 ブレステイキング    牡2 未勝利 1:50.1 +0.1 ± +0.6 -0.5 94   D D
5R T1600 レッドイリーゼ    牝2 新馬 1:36.6 +0.2 ± +0.6 -0.4 94   D C
8R T2000 フリージングレイン    牡3 ヤングジ500 2:01.5 -0.1 ± +0.4 -0.5 96   D E
11R T2000 タイムフライヤー    牡2 ホープフG1 2:01.4 -0.1 ± +0.4 -0.5 96 D D
12R T1800 エンジニア    牡4 ベストウ1000 1:49.0 +1.1 -0.3 +1.3 -0.5 87   E C

2017-12-28 (木)  ダ=+0.5 / 1200m=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 コウユーホクト    牡2 未勝利 1:13.3 +0.3 ± +0.2 +0.1 98   C D
2R D1800 レセディラローナ    牝2 未勝利・牝 1:56.8 +0.7 ± +0.2 +0.5 98   C D
4R D1800 デルマアブサン    牡2 未勝利 1:57.4 +1.3 ± +0.8 +0.5 92   D D
6R D1200 ケイアイマリブ    牡2 新馬 1:13.4 +0.2 ± +0.1 +0.1 99   C C
7R D1800 タイセイストーム    牡5 500万下 1:54.1 +0.1 ± -0.4 +0.5 104   B C
9R D1200 オーヴァーライト    牡2 エスペラ500 1:11.8 -0.5 ± -0.6 +0.1 106   B B
10R D1800 メイプルレインボー    牡5 ヤングジ1000 1:54.0 +0.8 ± +0.3 +0.5 97   C D

         

■ワンポイントアドバイス
なし(お休み)
なし

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。