Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2012/03/11 (日)
2012年1回阪神6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒4、日曜がプラス1秒0だった。ここまでの馬場差を振り返っておくと、中山芝の様に設定不能となる日はないものの、6日間全てプラス1秒以上数値で、時計の掛かるコンディションが続いている。
先週も金曜に降った雨の影響を受けて時計の掛かる馬場になった。馬場発表的には土曜4Rが稍重だった以外は良発表だが。言わずもがな実際は道悪競馬だったと解釈すべき。それは先々週までと同じ。脚質的には先行・差し混在だったが、徐々に馬場が荒れてきたせいか、日曜の後半は馬場の内を避けて走る馬が目立ち始めた。その分外差しもハマる様になった。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒1からマイナス0秒3へと変動した。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの馬場差ではあるが、開催日によって、あるいは同じ開催日でも時間帯によって時計の出方が異なる。その中でも初日が最も時計の出やすいレベルだった。
土曜は雨の影響が残ってまずまず時計の出やすいレベルだった。日曜は水準に近いレベルだったが、12Rの時雨が降って、10Rまでと比較すれば幾分時計は出やすくなっていた。先週も馬場発表は重もしくは稍重。仮にパサパサの良馬場になれば、相当時計の掛かる馬場になるというのは容易に想像がつく。とは言うものの、毎週雨が降っている。何となくこのまま1開催が終わってそうな雰囲気がありそう。脚質的には土曜は差し馬の台頭が目立ったが、日曜は先行馬が活躍した。実は土曜は逃げ馬の連対ゼロだったが、日曜は7鞍中5鞍で逃げ馬が連対した。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-03-11  芝=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T1800 レッドマーキュリー    牝3 新馬 1:49.9 +1.0 -0.6 B C
8R T2400 エアポートメサ    牡4 500万下 2:29.9 +2.8 +1.6   E C
9R T1800 アドマイヤタイシ    牡5 須磨特H1000 1:49.4 +2.8 +1.5 S C
11R T1400 アイムユアーズ    牝3 フィリーG2 1:22.8 +1.0 +0.3   D C

2012-03-11  ダ=-0.1 → -0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 デンコウデア    牝3 未勝利・牝 1:13.7 +0.4 +0.5   D D
2R D1800 アントニオピサ    牡3 未勝利 1:54.3 -0.4 -0.3   C D
3R D1400 ジョウノメジャー    牡3 未勝利 1:26.5 +0.3 +0.4   D D
6R D1400 モズベラベラ    牡3 500万下 1:25.4 ±0 +0.1   C C
7R D1800 ディアヴァンドーム    牡4 500万下 1:55.0 +1.9 +2.0   E D
10R D1800 オースミイレブン    牡5 甲南S1600 1:50.7 -0.8 -1.0   A C
12R D1400 エーシンウェズン    牡5 1000万下 1:24.0 -0.2 ±0   C D

         

■ワンポイントアドバイス
阪神も忘れるな!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。