Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/03/10 (日)
2013年2回中山6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒2だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておく。2日目から4日目まではマイナスゾーンではなかったが、先週の土曜はマイナス0秒8とこの開催では最も時計の出やすいコンディションとなった。
 土日とも良馬場発表だったが、日曜は風の影響を受けて、土曜よりも時計が掛かった。ただ、風あるいは雨の影響が無ければ、先週土曜レベルの時計が出るコンディションだったと推測できる。あと、逃げ馬は土日で1連対のみだった。いわゆる好位差しの活躍が目立った。全体的にはまだ内側に殺到する場面が多く見られるが、徐々にだが外差しも決まる様になっている。あと2週はAコースなので、その傾向が強まる可能性が高い。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒8、日曜がプラス1秒2。1200m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒7だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、風の影響もあり特に中・長距離戦では時計の掛かるコンディションになっている。
 ダートについては、日曜は風の影響を受け、土曜よりも時計が掛かっていた。ただし、通常であれば風の影響を受けると1800mの方が大幅に時計を要すことが多いが、わずかではあるが1200mの方が差が大きかった。これは風向きの変化が関係していると思われる。脚質傾向は中団以降に居た馬同士の決着は1鞍のみで、前め有利の中山らしい傾向になって来た。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/03/10 (日)  芝=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ヒカルハノハノ    牡3 未勝利 1:37.5 +1.5 -0.3 +1.4 -0.2 86   S C
6R T1800 ニシノヘリオス    牡3 新馬 1:51.7 +1.8 -0.8 +1.2 -0.2 88   S C
9R T2000 ミエノワンダー    牡3 山桜賞500 2:02.3 +0.3 -0.5 ±0 -0.2 100   C B
10R T1600 ムクドク    セ7 東風S 1:32.7 -0.5 ± -0.3 -0.2 103   C E
11R T1800 マイネイサベル    牝5 中山牝馬HG3 1:48.5 +2.0 -0.5 +1.7 -0.2 83   S D

2013-03-10 (日)  ダ=+1.2 / 1200m=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 フリークエンシー    牡3 未勝利 1:56.3 +0.6 ± -0.6 +1.2 106   B D
2R D1200 アビリティラヴ    牡3 未勝利 1:13.5 +0.6 ± -0.1 +0.7 101   C D
3R D1800 オメガラヴィータ    牝3 未勝利・牝 1:57.4 +1.7 ± +0.5 +1.2 95   D E
4R D1200 ストーミングスター    牡3 500万下 1:13.8 +1.6 ± +0.9 +0.7 91   E D
7R D1200 トーセントレジャー    牡5 500万下 1:13.7 +1.8 ± +1.1 +0.7 89   E D
8R D1800 レッドジャクソン    牡4 500万下 1:56.4 +2.4 ± +1.2 +1.2 88   E D
12R D1200 ダブルスター    牡4 1000万下 1:11.7 +0.4 ± -0.3 +0.7 103   B C

         

■ワンポイントアドバイス
浜中騎手、判断冴える
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。