Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/03/10 (日)
2013年1回阪神6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がプラス0秒5だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、マイナスの数値になったのは初日と5日目だけ。他の4日については、雨や風の影響でプラスの数値となっている。
 土曜はマイナスゾーンだったが、日曜になると一転してプラスゾーンになった。これは昼から降った小雨の影響と言うよりも、風によるところが大きい。毎度毎度話しているが、阪神は風が吹くと必ずと言って良いほど、最後の直線が向かい風になる。その影響をモロに受けた格好。同じ良馬場でも土日で馬場差が大きく違うので、その点は要注意。脚質的には先行馬・差し馬ともに台頭していた。目立った傾向はなくて、能力さえあれば差し馬でもきっちりと届いていた。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がプラス0秒6だった。ここまでの馬場差を振り返っておくと、3週全てが同じ週でも土日で数値に開きがある。ダートも雨や風の影響で安定していない。
 土曜はマイナスゾーンで、日曜はプラスゾーンだった。違いは芝と同様風の影響を強くから。雨が降っていない土曜がマイナスの馬場差で、途中雨が降った日曜がプラスの馬場差となった点は要注意。脚質的には前に行った馬が圧倒的に有利だった。それは風が吹いても吹かなくても変わらずだった。マイナスゾーンで推移して、先行・差し混在だった先々週とは傾向が違ってきている。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/03/10 (日)  芝=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 マコトブリジャール    牝3 新馬 2:04.7 +2.2 ± +1.7 +0.5 83   E C
7R T1800 ダノンムーン    牡4 500万下 1:49.6 +2.3 -0.8 +1.0 +0.5 90 S C
9R T1800 ショウナンカンムリ    牡4 須磨特別1000 1:50.2 +3.6 -1.2 +1.9 +0.5 81 S D
11R T1400 メイショウマンボ    牝3 フィリーG2 1:22.1 +0.4 ± ±0 +0.4 100 C D

2013-03-10 (日)  ダ=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 テイエムライオネス    牝3 未勝利・牝 1:55.9 +1.3 ± +0.7 +0.6 93   D E
2R D1200 ロレーヌクロス    牡3 未勝利 1:14.5 +1.2 ± +0.8 +0.4 92   E D
3R D1800 コウエイアース    牡3 未勝利 1:55.9 +1.3 ± +0.7 +0.6 93   D D
6R D1400 レアヴェントゥーレ    牡3 500万下 1:24.7 -0.6 ± -1.1 +0.5 111 A C
8R D1800 トランソニック    牡7 500万下 1:54.2 +1.1 ± +0.5 +0.6 95   D D
10R D1800 エアハリファ    牡4 甲南S1600 1:51.9 +0.4 ± -0.2 +0.6 102   C C
12R D1200 トップフライアー    牡4 1000万下 1:12.2 +0.5 ± +0.1 +0.4 99   C C

         

■ワンポイントアドバイス
浜中騎手、判断冴える
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。