Victory Road

アダルト動画

2013/05/11 (土)
2013年3回京都7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3からプラス1秒7へと変動、日曜がマイナス0秒6だった。なお、3回京都も6週の開催。ここまでの馬場差を振り返ると、6日目までは雨の影響のあった2日目以外はマイナス1秒台の馬場差だったが、先週の土曜特に後半は雨の影響で時計が掛かり、この開催で初めてプラスの馬場差となった。
 京都は土曜朝の時点で良馬場とは言え、雨の影響を受けていた。芝で最初のレースである4R時点で、先々週よりも時計の掛かるコンディションだった。さらに雨が降り続いて後になればなるほど、時計が掛かって行った。日曜は乾いて、土曜朝の時点と比較しても時計は出やすくなっていた。なお、日曜は稍重から良へと変更されたが、馬場差は1日を通した数値。脚質的には日曜後半こそ外差しも届いていたが、基本的には内を通った先行・好位組が有利な馬場だった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土曜がプラスマイナスゼロからマイナス2秒1へと変動、日曜がマイナス0秒9からマイナス0秒2へと変動した。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、6日目までは2日目を除くと水準レベルで推移していたが、先週の特に土曜後半は雨の影響で時計が出やすくなった。
 土曜は雨が降り続いて、後になればなるほど時計が出やすくなった。それもかなり脚抜きが良くなって、8Rはマイナス1秒4、12R時点でマイナス2秒1だった。日曜は午前の方が時計は出やすくて2Rまでがマイナス0秒9、終盤は水準レベルに近づいていった。脚質的には前へ行った馬が有利で、ペースが速くなった時のみ、勝ち馬が差しというレースもあったが、トータルでは少なかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/05/11 (土)  芝=-0.3 → +1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1400 ナンプー    牡3 未勝利 1:22.3 -0.1 ± +0.1 -0.2 99   C E
5R T1800 ミッキータイガー    牡3 未勝利 1:51.1 +2.7 -1.0 +1.9 -0.2 81   S D
7R T1400 ラーストチカ    牝3 500万下 1:22.7 +1.0 ± +0.6 +0.4 94   D D
9R T1800 タニノシュヴァリエ    牡4 紫野特別1000 1:48.7 +2.0 -0.4 +0.6 +1.0 94   D C
10R T1200 リュンヌ    牝6 彦根S1600 1:09.7 +1.4 ± +0.6 +0.8 94   D C
11R T1800 リルダヴァル    牡6 都大路S 1:47.5 +2.2 ± +0.7 +1.5 93   D D

2013-05-11 (土)  ダ=±0 → -2.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 キャニオンバレー    牝3 未勝利・牝 1:25.6 +0.1 ± +0.1 ±0 99   C D
2R D1800 フミノメモリー    牡3 未勝利 1:54.4 +0.5 ± +0.5 ±0 95   D D
3R D1200 カトラス    セ3 未勝利 1:12.6 -0.1 ± -0.1 ±0 101   C D
6R D1200 ストームジャガー    牡3 500万下 1:11.1 -0.9 ± -0.3 -0.6 103   B D
8R D1900 レッドグルーヴァー    牡4 500万下 1:58.0 -1.2 -0.6 -0.3 -0.9 103   C C
12R D1800 ブルータンザナイト    牡4 1000万下 1:49.6 -2.2 ± -0.1 -2.1 101 C C

         

■ワンポイントアドバイス
A→B、C→D、そして道悪競馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。