Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/06/09 (日)
2013年3回阪神4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒3だった。ここまで2週の馬場差を振り返っておくと、マイナス1秒4かマイナス1秒3で速い時計の出るコンディションが続いている。
 先週同様速い時計が出ている。JRAの発表によると、1週使用したが、大きな傷みは発生しておらず、引き続き良好な状態という事だった。見た目にも良好な状態に映った。馬場差で見ると先週とほぼ同じだが、脚質の偏りが少なかった先々週と比べると、先週はどうも前めの馬が有利になるレースが多かった様に思う。追い込みが決まったのは日曜10Rのラトルスネークだけだった。なお、今週から2週はBコースが使用される事になる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。ここまで4日間全てマイナス0秒6の馬場差で安定している。
 見た目の乾燥したダートとは裏腹に、開幕週同様速い時計が出やすいコンディションだった。連対馬の脚質傾向は基本的にやはり前めの馬が有利になるレースが多かった。追い込みが決まったのは土曜11R1着のナガラオリオンだけだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/06/09 (日)  芝=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1600 ラッキーマンボ    牝3 未勝利・牝 1:36.1 +0.7 -0.7 +1.0 -1.0 90   S C
5R T1400 ダンツキャノン    牡2 新馬 1:24.7 +1.2 -0.3 +1.8 -0.9 82   S C
7R T1800 アドマイヤドバイ    牡3 500万下 1:47.1 -0.2 -0.6 +0.4 -1.2 96   D C
9R T2400 ラブラドライト    セ4 香住特別500 2:27.7 +0.6 -0.7 +1.5 -1.6 85   S D
10R T1400 ラトルスネーク    牡5 小豆島特1000 1:21.0 -0.5 ± +0.4 -0.9 96   D B
11R T2000 マルセリーナ    牝5 マーメイHG3 1:59.4 +0.6 -0.3 +1.6 -1.3 84   S C

2013-06-09 (日)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 スカイグラフィティ    牝3 未勝利・牝 1:55.3 +1.1 ± +1.7 -0.6 83   E E
2R D1200 ハーロンベイ    牝3 未勝利 1:12.8 -0.3 ± +0.1 -0.4 99   C C
3R D1800 エーティータラント    牡3 未勝利 1:55.5 +1.3 ± +1.9 -0.6 81   E E
6R D1800 ハギノサキガチ    牡3 未勝利 1:53.7 -0.5 ± +0.1 -0.6 99   C D
8R D1400 ポップアイコン    牝4 500万下・牝 1:23.6 -1.3 ± -0.8 -0.5 108 A C
12R D1400 メイショウゲンカイ    牡4 500万下 1:24.5 -0.4 ± +0.1 -0.5 99   C D

         

■ワンポイントアドバイス
東京・芝2000mは内枠有利、外枠不利!?
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。