Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2014/12/07 (日)
2014年4回中山2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒9だった。
 中山4月の3回開催後にスタンドの整備が行われて、7ヶ月半ぶりの開催だった。その間で馬場については、路盤の改修や芝の張り替えが行われていた。従って速めの時計が出るコンディションではあったが、超のつくような高速馬場ではなかった。と言うのは、馬場を柔らかくする作業も行われた上に先週は雨の影響も残っていたからだと思われる。土日の比較では同じ良馬場でも日曜の方が乾いて、土曜よりもいくらか時計が出やすくなっていた。連対馬の位置取りについても土日で変化があった。土曜の5鞍では逃げ馬がなしで、先行が1頭なのに対して、日曜の6鞍は逃げが2頭、先行2頭が連対した。特に日曜後半の3鞍の勝ち馬は全て前に行った馬になった。また、コース取りについては土曜は外を回った馬の上位進出が目についた。少なくとも開催初日だから前の馬・内の馬が優勢という事はなかった。ただ、日曜の特に終盤3鞍は内を立ち回った馬が優勢だった。乾いた馬場コンディションなら、今週以降も内を通る方が有利なのではと推測できる。なお、この開催は全てAコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒4。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒9からマイナス0秒5へと変動、日曜がマイナス0秒3だった。
 ダートについては路盤の改修は行っていないとのこと。ですから、従来と変わっていないはず。まず目についたのは1800mと1200mで時計の出方が比例していないという事。1800mは土日ともプラスの馬場差だが、1200mはマイナスだった。っと言ってもこれは中山ダートではよくある傾向。土曜は中間の雨の影響が残って、発表は終日稍重だった。注意したいのは1800mの馬場差は一定だったが、1200mは変動でレースが進むにつれて時計掛かっていた。連対馬の位置取りについては、中団・後方が全くダメという訳ではないが、前の組の占有率が高いという中山らしい傾向だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/12/07 (日)  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 ビヨンジオール    牡2 未勝利 1:10.2 +0.1 ± +0.6 -0.5 94   D C
4R T2000 バルビエール    牡2 未勝利 2:01.9 -1.3 ± -0.4 -0.9 104   B C
6R T1800 マイネルサージュ    牝2 新馬 1:53.6 +3.3 -0.9 +3.2 -0.8 68   S C
10R T1600 ペイシャフェリス    牝3 市川S1600 1:33.3 -0.5 ± +0.2 -0.7 98   C C
11R T1600 ミナレット    牝4 ターコイH 1:33.7 +0.5 ± +1.2 -0.7 88   E D
12R T2500 メジャープレゼンス    牡4 1000万下 2:35.8 +1.3 -0.3 +2.1 -1.1 79   E D

2014-12-07 (日)  ダ=+0.4 / 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 シャンパンサーベル    牝2 未勝利 1:12.1 -0.9 ± -0.6 -0.3 106   B C
2R D1800 ポルトボナール    牡2 未勝利 1:56.6 +0.5 ± +0.1 +0.4 99   C C
5R D1200 ソリッドアクシス    牡2 新馬 1:13.7 +0.5 ± +0.8 -0.3 92   E D
7R D1200 ノーブルヴィーナス    牝2 500万下 1:12.1 -0.2 ± +0.1 -0.3 99   C C
8R D1200 エトルアンフルール    牝4 500万下 1:11.7 -0.2 ± +0.1 -0.3 99   C D
9R D1800 セブンフォース    牡4 松戸特別1000 1:53.3 +0.1 ± -0.3 +0.4 103   C C

         

■ワンポイントアドバイス
中京競馬場の傾向
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。