Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2014/12/13 (土)
2014年4回中山3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒6だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値だが、先週は開幕週と比較すると時計が掛かり、水準レベルに近づいた。
 開幕週が終わった時点で速めの時計が出るコンディションではあったが、超のつく高速馬場ではなかったと言ったが、先週は2週目で雨の影響が残って、開幕週より時計が掛かった。ただ、わずかではあるが、日曜の方が土曜よりも時計が出やすくなっているのは、馬場が乾いたためだと思う。この点は開幕週と同じ。あと、土曜の方が差し馬の上位進出が目立った点も同じだった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒3。1200m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、1800mについては開幕週より先週の方が時計が出やすくなっていた。1200mについては先週の方が掛かって、水準レベルだった。
 中間にある程度の雨量があって、土曜は終日稍重で日曜は良に回復するという先々週と酷似した状況だったが、時計の出方は先々週とは全く変わってしまった。なぜそうなったのかよくわからないが、とにかく各週の数値のデータをちゃんと残してきちんと整理していくことが大事だと思う。馬場差は1800mは土日ともマイナスで、土曜の方が少しだけ速い馬場だった。1200mは土日ともプラスマイナスゼロで、土日で動きは特になかった。連対馬の位置取りについてだが、中団・後方に居た馬が2着に来るケースは良くあったが、勝ち馬のほとんどは前めにつけた馬だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/12/13 (土)  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2000 ポトマックリバー    牡2 未勝利 2:02.6 -0.6 -0.7 -0.8 -0.5 108   B C
6R T1600 ヤングマンパワー    牡2 新馬 1:37.9 +1.4 -0.7 +1.1 -0.4 89   S C
9R T1200 ゴールドペガサス    牡2 黒松賞500 1:09.4 -0.1 ± +0.2 -0.3 98   C C
11R T1200 プリンセスメモリー    牝7 ラピスラ 1:08.3 +0.3 ± +0.6 -0.3 94   D D
12R T1800 ダイワリベラル    牡3 1000万下 1:48.7 +0.8 -0.7 +0.6 -0.5 94   D C

2014-12-13 (土)  ダ=-0.5 / 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 サウスリュウセイ    牡2 未勝利 1:13.4 +0.4 ± +0.4 ±0 96   D D
2R D1800 トーセンマリオン    牝2 未勝利・牝 1:55.7 -0.4 ± +0.1 -0.5 99   C D
3R D1800 コスモムルジム    牡2 未勝利 1:56.7 +0.6 ± +1.1 -0.5 89   E D
5R D1200 トラストレイカ    牝2 新馬・牝 1:14.2 +1.0 ± +1.0 ±0 90   E D
7R D1200 ワイドエクセレント    牡4 500万下 1:12.2 +0.3 ± +0.3 ±0 97   D D
8R D2400 エルマンボ    牡4 1000万下 2:35.5 +0.5 -0.4 +0.8 -0.3 92   D D
10R D1800 ベルサリエーレ    牡4 北総S1600 1:51.6 -0.8 ± -0.3 -0.5 103   C C

         

■ワンポイントアドバイス
2週目より開幕週
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。