Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2015/11/23 (月)
2015年5回東京7日目

■馬場コメント
 先週は3日間開催だった。芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜・月曜がマイナス1秒1だった。まずはさかのぼって9日間の馬場差を振り返っておく。この開催の2日目から4日目までは雨の影響で馬場差が安定しなかったが、他の開催日はマイナス1秒1かマイナス1秒0でほとんど変わりない。
 先週火曜日から木曜日にかけて雨が降って、その影響で日曜・月曜に比べると土曜日は少し馬場が湿っていて、その分土曜は日曜・月曜より時計の掛かるコンディションだったが、3日ともほぼ同じと思って差し支えないレベル。また、先週からCコースに移ってBコースの時に多くの馬が避けていた内側を避ける事がなくなって、馬場差は1週前の良馬場の時より若干マイナス方向に動いた。直線で外を通ると絶対的に不利という程ではないが、内を通った馬の好走が多かった。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒4からマイナス0秒1へと変動、日曜がプラス0秒1、そして月曜がプラス0秒2だった。ダートもさかのぼって9日間の馬場差を振り返っておく。この開催5日目まではマイナスゾーンで、特に4日目は速い時計の出るコンディションだったが、6日目・7日目はプラスの数値で、前開催最終週に近いレベルだった。
 先週の火曜から木曜にかけて雨が降った影響で、土曜の7Rまでは稍重だった。土曜のここまでの馬場差はマイナス0秒4。その後ちょっとレース間隔が開いて、良馬場になった11Rと12Rの馬場差はマイナス0秒1だった。ここから日曜日・月曜日と少しずつ乾いて行ったが、土日とも天候が曇りで気温も上がらなかったので、一気にプラス方向に動いていく事はなく、本当に少しずつプラス方向に動いただけだった。なお、月曜の9R辺りで小雨が降っていたが、時計の出方に影響が出る程ではなかった。脚質傾向だが、これは前が残りやすいとか、差しが決まりやすいと言った偏りはなかったと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/11/23 (月)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T2000 ディーマジェスティ    牡2 未勝利* 2:01.8 -0.7 -1.0 -0.6 -1.1 106 B B
5R T1600 ハマヒルガオ    牝2 新馬・牝 1:39.7 +3.3 -0.8 +3.4 -0.9 66   S C
10R T1400 ホッコーアムール    牝5 鷹巣山特1000 1:22.0 +0.3 -0.4 +0.7 -0.8 93   D C
11R T1800 スマートオーディン    牡2 東京スポG3 1:49.5 +1.6 -1.3 +1.3 -1.0 87 S B
12R T1400 シルヴァーコード    牝3 500万下 1:21.6 -0.6 ± +0.2 -0.8 98   C C

2015-11-23 (月)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 トモトモリバー    牝2 未勝利・牝* 1:27.4 +1.0 ± +0.8 +0.2 92   E D
2R D1300 クリムゾンバローズ    牡2 未勝利* 1:18.9 -0.8 ± -1.0 +0.2 110   A D
4R D1600 イーグルフェザー    牡2 新馬 1:40.1 ±0 -0.3 -0.5 +0.5 105   B C
6R D1400 ダウトレス    牡4 500万下 1:25.9 +1.0 -0.2 +0.6 +0.4 94   D D
7R D1600 ブラゾンドゥリス    牡3 500万下 1:38.4 +0.4 ± +0.2 +0.2 98   C C
9R D2100 アカノジュウハチ    牡4 伊勢佐木1000 2:11.5 +0.2 ± -0.1 +0.3 101   C C

         

■ワンポイントアドバイス
秋華賞上位馬の次走
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。