Victory Road

DMM.make DISPLAY

2017/03/05 (日)
2017年1回阪神4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒6だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全て良馬場発表ではあるものの、開幕週と比べ2週目の先週は数値がマイナス方向に動いた。
 阪神では木曜日に1ミリの雨がパラついただけ。中間の雨量が多かった先々週と比較すると同じ良馬場発表でも、時計の出方は速まった。日曜はごく少量、含んだ水分がさらに乾いて土曜よりもさらに0秒1速くなっている。脚質的には全般に差し上位の感触が残ったが、中山ほどではない。流れ1つで前に行った馬も粘っていた。なお、次開催の2回阪神1週目まで引き続いてAコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週特に初日は雨の影響が強く残ってマイナス1秒台だったが、先週はそこまでの高速馬場ではなかった。
 先々週は雨の影響があって、高速馬場からスタートして時間を追う毎に水準寄りに乾いて行ったが、先週は雨がわずかだったので、土日共に水準よりは速いが、ほど良い速さと言ったコンディションを保っていた。日曜の前半、2R・3R・4Rと連続して差し馬が2着に食い込んでいるが、全般的には前に行った組が優勢だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/03/05 (日)  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 アドミラブル    牡3 未勝利 1:45.8 -2.6 ± -2.1 -0.5 121 A D
7R T1400 クライムメジャー    牡3 500万下 1:22.1 -0.1 -0.1 +0.2 -0.4 98   C C
9R T1600 タイセイサミット    牡4 武庫川H1600 1:33.1 -0.3 -0.3 -0.1 -0.5 101   C D
11R T1800 アストラエンブレム    牡4 大阪城SH 1:47.1 +1.7 -0.8 +1.4 -0.5 86   SL C
12R T1200 アドマイヤゴッド    牡5 1000万下 1:08.7 -0.2 ± +0.2 -0.4 98   C C

2017-03-05 (日)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ファームフェイス    牝3 未勝利・牝 1:25.4 -0.7 ± -0.2 -0.5 102   C D
2R D1200 スワーヴノートン    牡3 未勝利 1:12.8 -0.5 ± -0.1 -0.4 101   C E
3R D1800 ナムラスパルタクス    牡3 未勝利 1:53.9 -0.7 ± -0.1 -0.6 101   C D
4R D1400 ヴァリーゲイト    牡3 新馬 1:26.1 -0.2 ± +0.3 -0.5 97   D D
6R D1800 カケルテソーロ    牡3 500万下 1:52.7 -1.0 ± -0.4 -0.6 104   B C
8R D2000 サトノスーペリア    セ6 500万下 2:06.3 -0.2 -0.5 ±0 -0.2 100   C D
10R D1400 スーサンジョイ    牡5 ポラリス 1:22.7 -0.3 ± +0.2 -0.5 98   C C

         

■ワンポイントアドバイス
小倉・芝1200mで内枠に泣いた馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。