Victory Road

DMM.make DISPLAY

2017/06/25 (日)
2017年3回阪神8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒9、日曜がマイナス1秒0だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台かマイナス2秒台だが、先週日曜は他の開催日と比べると時計が掛かっていた。
 阪神地域は水曜にまとまった雨が降って、土曜の馬場差はマイナス1秒9なので、高速馬場ではあるが、開催3週目と比べれば掛かっていた。さらに土曜深夜から雨が降り出して、日曜未明に強く降った。馬場発表も稍重に変わって、この開催の中での比較では最も時計が掛かっていた。日曜は前半は雨が降っていたが、芝については終日同じ馬場差。言い換えれば、後半になっても乾いては行かなかったという事。連対馬の脚質については、土曜は極端な偏りはないが、日曜は差し馬の上位進出が目に付いた。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜はマイナス1秒7からマイナス1秒9へと変動した。この開催の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値。ただ、開催日によって時計の出方が異なり、2週目・3週目と比較すると先週は時計が出やすくなった。
 水曜の雨の影響が残って土曜時点で稍重で、速めの時計が出るコンディションだった。そして、土曜深夜からの雨で日曜は重となって、一層速い時計の出る脚抜きの良い馬場になった。そして日曜の中では終盤の方が、時計が出やすくなった。次に連対馬の脚質を見ると、土曜は偏りはなかったが、日曜は差し馬有利にシフトした。これは東京ダートにおける土日の変化と同様で、日曜の方が脚抜きが良くなって、ペースが速くなって差し馬が浮上してきたと考えられる。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/06/25 (日)  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1600 チトニア    牝3 未勝利 1:36.9 +1.5 -0.6 +1.7 -0.8 83   SL C
5R T1800 ダノンプレミアム    牡2 新馬 1:48.7 -0.7 -0.9 -0.7 -0.9 107 B B
7R T2200 ヒシマサル    牡3 500万下 2:13.0 -1.2 ± -0.1 -1.1 101   C C
8R T1800 ラヴアンドドラゴン    牝4 城崎特別500 1:47.8 +0.5 -0.8 +0.6 -0.9 94   D C
9R T1200 ダイアナヘイロー    牝4 皆生特H1000 1:08.9 ±0 ± +0.6 -0.6 94   D C
11R T2200 サトノクラウン    牡5 宝塚記念G1 2:11.4 -0.4 ± +0.7 -1.1 93   D C

2017-06-25 (日)  ダ=-1.7 → -1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 プリンセスタイム    牝3 未勝利・牝 1:25.0 -0.9 ± +0.4 -1.3 96   D C
2R D1200 フィールドステイ    牡3 未勝利 1:11.8 -1.3 ± -0.2 -1.1 102   C C
3R D1800 マコトタリスマン    牡3 未勝利 1:52.5 -1.8 ± ±0 -1.8 100   C D
6R D1800 ペルランヴェール    牡3 500万下 1:50.5 -2.6 ± -0.7 -1.9 107   B C
10R D1200 トウショウカウント    牡5 花のみち1600 1:10.5 -0.6 ± +0.7 -1.3 93   D D
12R D1800 マインシャッツ    牡4 リボン賞1000 1:50.4 -1.9 ± ±0 -1.9 100   C B

         

■ワンポイントアドバイス
ベテラン騎手の連続騎乗の妙
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。